早稲田摂陵写真部ブログ

早稲田摂陵中学校・高等学校写真部公式ブログへようこそ
2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月

早摂祭写真展2

 いくつかの作品を紹介しよう。

2016aki0928haitatsu.jpg

 高1生徒作品。夏合宿の貴志川線で撮影した。踏切を郵便配達のバイクが横切った、実にレアで貴重な瞬間を捉えている。露出は少しオーバー気味であるが、そんな細かいことはさっ引いても十分お釣りが来る。前途有望な作品。

早摂祭写真展

 今年の早摂祭写真展のご紹介を。

2016aki0927shashinbushashinten.jpg

 まずは全景。早摂祭当日の朝撮影した。家庭科の発表と微妙にコラボしている(右側の手すりのあるガラス面)。

2016aki0927zouka.jpg

 今年の目玉の第2弾。昨年度卒業した部員の保護者にいただいた造花だ。一瞬本物に見間違えてしまいそうな素晴らしい出来。これを百均で買ってきたガラス瓶に活けたが、百均の瓶では少々チープなので、花をくるんであったクレープペーパーをそのまま周りに折り返して瓶ごとくるみ、リボンで結んだ。なお、ちょうちょ結びは不得意なので、家庭科のI先生にお願いして結んでもらった。さすが、きれいな結び目だ。

 昔ボーイスカウトをしていたので、ロープ結びは得意なのだが、こういう飾り結びは上手く出来ない。本結びにしろ、もやい結びにしろ、正しく巻き付けて後は力一杯にやればいいだけなのだが、飾り結びには結ぶ面の微調整と適切な力加減が必要なので、どうもがさつ者である私には上手くいかない。これは、ある意味写真とその他の芸術の関係に似ているような気がする。写真はある程度不器用な人間でも許容してくれるところがいい。もちろん、器用な人の写真はやっぱり器用なのだけれど。

早摂祭写真

 早摂祭の写真を校内に掲出した。

2016aki0926sousetsusaititle.jpg

 毎年ホールで行われるハロワセの舞台をタイトルに使用した。フォントはPalace script MT。今年は例年より少ないが、それでも500枚弱は撮影したので、そのうちの65枚ほどを選んだ。

 今日は代休だ。疲れを取って明日からまた勉強に励むべし。で、次の撮影会はどこへ?

早摂祭2016

 晴天に恵まれ、早摂祭は現在進行中。

2016aki0925sousetsusai.jpg

 P900、24mm端で撮影。ただ、こういう構図の写真は1/2.3型センサーには荷が重いようだ。

 スマホにも言えることだが、小さい撮像素子かつ高画素のカメラは全体として見ると良いように見えるが、拡大するとやはり描写に難がある。こういうカメラは、細かい描写を要求するこのような構図より、被写体をどどーんと大きく撮るのに向いているのだろう。

看板写真

 これが昨日紹介した今年の早摂祭写真部写真展の看板写真。これが、でっかく、どどーんと生徒会館2Fホワイエでお待ちしています。

2016aki0923kanbanshashin.jpg

 今年の早摂祭は9/25(日)10:00~16:00ということで、例年より少し後ろにずれた時間帯での開催です。当日は自家用車の乗り入れができませんので、公共交通機関またはスクールバスでお越しください。本校の最寄り駅はモノレール彩都西駅ですが、阪急茨木・JR茨木・北千里・千里中央・石橋からスクールバスが運行しています。どなたさまでもお越しになれますので、ぜひぜひご来校ください。ご来校の際にはぜひぜひぜひ生徒会館2Fにお越しいただき、写真部写真展をご覧ください。

スクールバス
 9月25日限定のスクールバス時刻表を載せておきます。(ただし、最終の16:40学校発は学校からのみしかご乗車になれません。各ターミナルからは乗れませんので、ご了承願います。)

設営完了

 何とか印刷を間に合わせ、午前中1時間半ほどで早摂祭の設営を完了した。ただ、タイトル未定の作品があるので、早急にタイトルを付けてもらわなければならない。

2016aki0923rintoposta.jpg

 写真は、設営完了後の生徒会館2Fホワイエ。というわけで、今年の大伸ばしポスターは色鮮やかなハスの写真に決定。コンパクトで撮影したため描写が硬いが、この写真の場合はそれが逆によい感じだ。HPの写真もこの写真にリニューアルしたので、右のリンクからご覧ください。

 早摂祭は明後日、9月25日の9:00~16:00まで。どなたでもご来場になれます。詳しくは、右リンクの早稲田摂陵中学校高等学校ウェブページから早摂祭のご案内をご覧ください。こちらもよろしくお願いします。

ポスター台湾編

 昨日、昨年早稲田大学に進学したOBが遊びに来た。大学でも写真部に入ったそうだ。何とも頼もしい限りだ。

 最近台湾に行ってきたというので写真を見せてもらった。良い写真がたくさんあったので、いっぱいもらった。

2016aki0924taiwancat.jpg
 
 その一枚をポスター化。平渓線の十分駅近くで撮影した猫だそうだ。こんな線路上に猫がいて大丈夫かという気がするが、猫が見上げる空はいかにものどかだ。

 それにしても、その後、現役部員と早摂祭用写真を印刷したのだが、どうにも一名、写真が出てこない。一抹の不安を残しつつ、明日に賭けよう。

早摂祭

 台風16号はかなり大きな被害を各地にもたらしたようだ。避難勧告のエリアメールが携帯にばんばん入っていたが、幸い本校の所在地は避難対象にはならなかった。みんなの住んでいる地域はどうだったろうか。

 昨日休校になったため、早摂祭準備が余すところ今日と明後日の2日となってしまった。土曜は高校は準備だが、中学は本番で、写真部が使用するホールは土曜は中学が使用するため、金曜のうちに設営を終わらなければならない。まだ印刷していない写真がいっぱいあるが、間に合うだろうか。

 ところで、今年の大伸ばし写真だが、昨日全員の写真を見てから決定しようと思っていたのだが、こういう状況で今日の決定を待つと発注が間に合わないので、昨日私の独断で決めさせてもらった。今私の手もとにある生徒作品の中で、一番大伸ばしをして見栄えが良さそうな写真を選ぶわけだが、今年は力作揃いでちょっと迷った。どの写真を選んだかは印刷が上がってからのお楽しみとしよう。ヒントは「色鮮やかな写真」ということで。

2016aki0921benishijimi.jpg

 写真は、昔撮影したベニシジミ。そういえば、ベニシジミは英語で“small copper”というのだった。なるほど、この蝶は日本人にとっては“ベニ”だが、英語圏の人にとっては“赤銅”ということなのだ。“Bright copper kettles”も良いが、“small copper”も良い。これも、「私の好きな風景」。

 タイフーンが過ぎていった。明朝はもう秋(分)だ。

休校

 今朝、台風16号の影響で大阪府に暴風雨警報が出た。今日は休校。芸術鑑賞会があったのに残念だ。

2016aki0920hikoki.jpg

 しかも、早摂祭まであと3日しかない。まだ印刷を終えていない部員も多いが、大丈夫だろうか。

 写真は、長柄橋の上から伊丹に向かう飛行機を撮影した。1/250・F5、望遠600㎜。飛行機写真は、空港近辺でないとそれなりの大きさに写らないので、通常は小さく写してトリミングするしかない。P900は気軽にズーミングできるので、こんなふうに手頃な大きさにできる。飛行機写真の撮影地の幅も広がりそうだ。今度は真正面どアップでも狙ってみたい。

光学83倍

 では、光学83倍のスゴさを見てみよう。

2016aki0917higanbana.jpg

 9月16日朝、学校近辺の風景を広角24mm端で撮影。画面中央に、赤い花の一群があるのがわかるだろうか。

2016aki0917higanbana2.jpg

 望遠2000mm。1/125、手持ち撮影。ヒガンバナが咲いていた。言っておくが、ノートリミング。上の写真のように見えていたものが同じ撮影位置からここまで寄れるのだ。

 しかし、スゴいのはそれだけではない。昔は焦点距離分の1と言って、100mmレンズなら1/100以上(正確には1/125以上)のシャッター速度でないと手持ち撮影は難しいと言われていた。これは超焦点になればなるほどシビアで、望遠300ミリなどは、実際には1/500のシャッター速度でも下手をすればぶらしてしまう。

 だとすれば、2000mmであれば、1/2000は最低必要。現実には1/2000ではほとんどの人がぶらしてしまうので、三脚を立てなければ撮影できない。というより、2000mmというのは、手持ち撮影が可能な普通の写真撮影用レンスの焦点距離ではない。天体望遠鏡の焦点距離である。

 それが、このカメラでは、天体望遠鏡並みの2000mmの焦点距離を1/125で手持ち撮影できてしまうのだ。光学倍率もスゴいが、手ブレ防止システムもスゴい。難しい撮影条件だった(曇天の朝で光のコントラストが低く、手前の草などピントが迷いやすい)のをフルオートでここまで撮影できた。
 
 これは面白い。何に応用できるかな。今から次の撮影会が楽しみだ。(なお、最近クラッシュ続きのため、撮影会以外では貸し出ししません。)