早稲田摂陵写真部ブログ

早稲田摂陵中学校・高等学校写真部公式ブログへようこそ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

撮影会は……

 台風21号の進路。

2017aki1021taifu.jpg

 上陸は月曜日っぽいが、明日は大雨で、撮影会は難しそう。

2017aki1021orion.jpg

 こっちも無理っぽい。

性といのちの教室

 昨日高校1年生対象の「性といのちの教室」がありました。「いのちを育む」ことの大切さについて学びました。

2017aki1020inochinokyoshitsu.jpg

 みなさん、「いのち」を大切にしてください。自分のいのちも、他人のいのちも、そして新しいいのちも。

撮影会

 気象庁の週間天気予報。

2017aki1019tenki.jpg

 日曜日は無理かな……

新顔登場

 今年度最後の大きな買い物。オリンパス75㎜-300㎜。換算150㎜-600㎜という超望遠ズームだ。

2017aki1018olympus75300.jpg

 中古で良い状態の物が安かった。今週日曜の京都撮影会でデビューする予定なので、ぜひ使ってください。

薄暮

 日没前、日没後の少し空が明るい時間を薄明というのは前に説明した。一般的な薄明(常用薄明)を明け方と夕方で区別する場合は前者を払暁(ふつぎょう)、後者を薄暮(はくぼ)と言い分けることもできる。

2017aki1017nagara.jpg

 長柄橋の薄暮を撮影した。薄明もまた写真のゴールデンタイムだ。

おまけ

 2年ぶりに写真部ウェブページを更新しました。今回紹介した写真がもう少し大きいサイズでご覧になれます。右のリンクから行けますのでぜひご覧ください。

2017aki1016kyujitu1.jpg

2017aki1016kyujitu2.jpg

 エントリーNo,X、私の写真。どちらの写真もすでにこのブログで紹介したもので、6月嵐山撮影会での写真にオートン効果を掛けたものです。なお、昨年から私の写真は常設の方へ出してもらえないいないので、当日のみの展示でした。

ほっこり

 生徒作品の最後の三枚を。

2017aki1014hanahasaku.jpg

 エントリーNo.15。「花は咲く」。なお、ピンクの百合の花言葉は「虚栄心」である模様。

2017aki1014ryoran.jpg

 エントリーNo.16。「繚乱」。中央のアジサイだけに焦点を合わせた視点が面白い。アジサイは土壌のpHで色が変わり、酸性なら青、アルカリ性なら赤になるそうだが、白は色素(アントシアニン)を持たないため土壌のpHに左右されない。なお、白のアジサイの花言葉は「寛容」とのこと。

2017aki1014hokkori.jpg

 エントリーN0.17。「ほっこり」。で、今年の写真展はいかがでしたか? ほっこりしていただけましたでしょうか?

ALL GREEN

 みどりの三連発。

2017aki1002kirisame.jpg

 エントリーNo,12。「霧雨」。雨がそぼ降る大台ヶ原を撮影した。木々の緑が美しい。

2017aki1002midori.jpg

 エントリーNo.13。「緑(みどり)」。これも大台ヶ原の風景。少し増水した小川がアクセントになっている。うっそうとした木々が影を落として、木々の緑に陰影がある。

2017aki1002midori2.jpg

 エントリーNo,14。「翠(みどり)」。黒部ダムの風景。なお、先の「緑」と同じ生徒の作品。山の緑(みどり)と空の碧(みどり)に湖面の翠(みどり)が映えている。

 こうやって見ると、「みどり」にもいろいろな表情があるのだなと思う。どれも素敵な「みどり」だが、これを見た方はどの「みどり」を好まれただろうか。

 10月になりました。明日から試験一週間前です。他にも作品はあるのですが、ブログを一旦休止します。再開は10月14日以降です。なお、今週水曜日(10/4)は中秋の名月、金曜日(10/6)は満月です。10/6は雨の予報ですが、10/4は晴れそうです。夜の試験勉強の息抜きに、名月の撮影などいかが。

やっぱり逆光は勝利

2017aki0930higashiyodo.jpg

 エントリーNo,9。「東淀川の朝」。JR西日本1位の超有名な開かずの踏切を電車が通過している。駅の向こうのビルから差し込む朝日のフレア、手前のシャッターと三角スタンドの上面に反射した光、観葉植物を透過した光が都会の朝の雰囲気をよく表現している。

2017aki0930gyakko.jpg

 エントリーNo.10。「逆光の時」。白良浜で撮影。シルエットになった円月島(高嶋)と海面にきらめく太陽の光が印象的だ。カラーなのだが、モノクロームな雰囲気が昼下がりの穏やかな時間を表現した。

2017aki0930yuhi.jpg

 エントリーNo.11。「夕陽を見つめて」。前にこのブログで紹介したが、夕陽を電車が見つめているような気にさせられる、不思議な作品だ。

 どの写真も、朝、昼下がり、夕刻と撮影時刻は違うが、光を上手に使い、その時刻の雰囲気をよく表現している。写真の中に「時」があると、写実とはまた違って、内面が描写されたような感じがする。詩的だ。

とりいぬねこ

虫だけではない。小動物にも佳作が多かった。

2017aki0929mikaeribijin.jpg

 エントリーNo,6。「見返り美人」。菱川師宣の絵は右に振り返っているが、こっちは左向き。それにしても、異性の振り返る姿にはどうしてドキドキさせられるのだろう。

2017aki0929wink.jpg

 エントリーNo.7。「WINK」。自分ちのペットならではの良い表情だ。目にはきっと飼い主が映っているのだろう。

2017aki0929aki.jpg

 エントリーNO,8。「秋」。昨年のむろいけ園地撮影会で撮影。野良猫なのだろうが、結構ふくよかだ。この猫は今年も元気にしているだろうか。

2017aki0929rurikongoinko.jpg

 これは、今年の大伸ばしポスターにしたルリコンゴウインコ。写真部ウェブページのトップページもこちらの写真にリニューアルした。これより大きな画像を見ることができますので、ぜひ右のリンクからご覧ください。

 それにしても、ギャラリーページを変えなければいけないのだが、昨年の分も更新していない……ま、このブログで紹介しているから良いか(怠)。